ようこそ! 株式会社アイビー・ウィー, ゲスト

[IVYWEニュースレター]Googleにより4・21から「モバイルフレンドリー」がランキング要素に追加

ニュースレター Googleが先月2月27日、ウェブマスター向け公式ブログで、モバイルについて
4月21日より、ウェブサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要素
として使用し始めることを発表しました。
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/

御社サイトを以下のURLにていますぐチェックをお願いいたします。

モバイルフレンドリーかどうかのチェック:
https://www.google.com/webmasters/too...-friendly/

弊社サイトの場合
https://www.google.com/webmasters/too...vywe.co.jp
※弊社のサイトはすでに対応済みです。


この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Google の検索結果に
大きな変化をもたらします。この変更によって、検索ユーザーは、クエリへの
関連性が高く使用端末にも適した高品質な検索結果を見つけやすくなります。


2月27日付:
Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報
http://googlewebmastercentral-ja.blog...earch.html
レスポンシブウェブデザイン(RWD)を推奨。モバイルもPCも同一URLを強く進めています。

2月12日付:
モバイル ユーザビリティが確認できるようになりました
http://googlewebmastercentral-ja.blog...aster.html
以下のようなサイトはモバイルでは表示に問題がでるためが敬遠されます。

Flash を利用している
viewport が存在しない (モバイル ページにとっては非常に重要な meta タグです)
フォントが小さい
viewport が固定幅
コンテンツが viewport のサイズに合っていない
リンクやボタンがお互いに近すぎる位置に配置されている


弊社では、ここ2,3年の制作は、すべてモバイル両用としていますが、
今回の発表を機に、まだレスポンシブウェブデザインにリニューアルしていない
サイトのリニューアルを順次ご提案してまいりますので、このメールに返信にて、
ご連絡ください。




作業内容は、以下となります。


1.Geeklog アップグレード(省略可能です)
2.レスポンシブウェブデザインへの変更


デザインのリニューアルも承ります。
弊社提供のGeeklogは、コンパクトながら高機能なフロントエンドフレームワーク
UIkitを活用してレスポンシブウェブデザインを実現しています。


テンプレートをお選びください:

http://yootheme.com/demo/wordpress/venice
http://yootheme.com/demo/wordpress/aurora
http://yootheme.com/demo/wordpress/stage
http://yootheme.com/demo/wordpress/peak
http://yootheme.com/demo/wordpress/unity
http://yootheme.com/demo/wordpress/eat
http://yootheme.com/demo/wordpress/nite
http://yootheme.com/demo/wordpress/everest
http://yootheme.com/demo/wordpress/digit
http://yootheme.com/demo/wordpress/frequency
http://yootheme.com/demo/wordpress/avenue
http://yootheme.com/demo/wordpress/vida
http://yootheme.com/demo/wordpress/moustache
http://yootheme.com/demo/wordpress/square
http://yootheme.com/demo/wordpress/capture
http://yootheme.com/demo/wordpress/moreno
http://yootheme.com/demo/wordpress/lava
http://yootheme.com/demo/wordpress/nano3

これらはすべてWordPress用のテーマですが、Geeklogで採用している
UIkitを活用しているので、これらを購入してすぐにGeeklogで、この
とおり、活用できます。他、UIkitを活用していれば、どのテーマでも
活用できます。


他、既存Geeklogサイトからでもお選びください。
Ivy SOHO http://www.ivysoho.com/
大妻女子大学人間関係学部 http://www.hum.otsuma.ac.jp/
OSS Japan http://www.ossj.jp/





さて、OSC2015 Tokyo/SpringはGeeklog, OSS Japan それぞれ無事開催しました。
また、懇親会ではオープンソースの歌も歌わせていただきました。

オープンソースの歌
https://www.ossj.jp/article.php/OSS_Song





以上、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。