ようこそ! 株式会社アイビー・ウィー, ゲスト

今年最大のオープンソースカンファレンス開催

オープンソースカンファレンス2007が10月5日,6日東京で開催される。

日程:2007年10月5日(金)・6日(土) 10:00?18:30(最終日は17:30)
会場大田区産業プラザ(PiO) (東京都大田区・京急蒲田駅徒歩3分)
参加費無料
内容:オープンソースに関する最新情報の提供
・展示 - オープンソースコミュニティ、企業・団体による展示
・セミナー - オープンソースの最新情報を提供
主催オープンソースカンファレンス実行委員会
企画運営株式会社びぎねっと

オープンソースカンファレンスは年に6,7回程度全国で開かれる。
やはり東京で開催される催しがもっとも入場者も多く,出展団体も多い。

出展者団体はどこもおしなべてラフな格好で,こういったイベントで顔見知りになっていることが多い。

ただ,こういった催しを支えているのはいわゆる民間企業で,国などが応援している気配がないのは残念な気がする。

ところで,9月20日,デジタル家電およびPC関連製品製造販売の米Monsoon Multimediaが、GNU
General Public License(GPL)違反で提訴された。(ITメディアニュースより)

GPLの生まれた経緯や理念を理解することなく,ソフトウェア開発に貢献する意思を持たないでただ成果だけを横取りして利益だけをむさぼるのは正義に反した行為だろう。

日本のメーカーもオープンソースを利用した商品を,ソースを開示することなく販売している現実がかなりあるようなので震撼したはずだ。

GPLの規約は誤解されやすいが,GPLの生まれた経緯や理念をよく理解することからはじめることが重要で,規約の枝葉末節を捉えて抜け穴を探してはならないだろう。