ようこそ! 株式会社アイビー・ウィー, ゲスト

LinuxWorld Expo/Tokyo 2008 .orgパビリオンでOSS出展

オープンソースの祭典 LW2008 .orgパビリオン

2008年5月28日(水)・29日(木)・30日(金),LinuxWorld Expo/Tokyo 2008(主催 株式会社IDGジャパン)が東京ビッグサイト(東京国際展示場) 西4ホールで3日間開催される。

.orgパビリオンは,オープンソース開発コミュニティやユーザーグループの活動を幅広く紹介する場を提供しているものだ。スポンサーはNTTコムウェア。オープンソースコミュニティは無料で参加できるので,参加申し込みがまだならすぐにOSPN SNSに参加して申し込むと良い。

OSPN SNSは,もっとも多くの日本のオープンソース開発者が集うSNSであり,母体はOSCを開催するOSPN運営委員会だ。いま,参加者が1,000人。この半年で急激に増えたものだ。

.orgパビリオンは,昨年東京へ移転後3日でいきなりGeeklogを出展したが,ことしももちろん出展する。

オープンソースプロジェクトリーダたちがあつまるイベントとして定着した。

パネルディスカッション

ことしはオープンソースリーダたちによるパネルディスカッションがある。これまでもセミナーを聞けばだいたいそのオープンソースはわかったが,他と比較してどういう特徴があるのかは,なかなか掴めないいらだちがあった。それがおなじテーブルについておたがいに紹介しあったり,質問しあうことで客観的な評価がわかり,率直な意見がいろいろと聞けるので非常にたのしみだ。最終日の金曜日午後に開催されるそうだ。

OSSリーダたちによるパネルディスカッションは,非常に良い企画なのでぜひ開いてほしいとお願いしたのが実現することになってうれしい。

Geeklogセミナー

セミナーはOSSグループ各2コマずつ割り当てられるようで,Geeklogは初日と最終日それぞれ25分枠で開く。

タイトル:Geeklogの開発・自動インストーラで簡単インストール
日時: 5月28日(水)15:30~15:55
5月30日(金)16:00~16:25
講師:Geeklog Japanese 今駒哲子
内容:軽快で直感的な操作が可能な汎用CMS「Geeklog」は,簡単便利な自動インストーラが充実してすぐにインストールできるようになりました。
OpenIDで多くのCMSと連携するGeeklog1.5のリリースももうすぐ。
そのまま利用するだけでなく,プラグインを開発して独自のシステムをGeeklogの上で動かすことで,拡張性の高いシステムを構築できます。