ようこそ! 株式会社アイビー・ウィー, ゲスト

静的なサイトもCMSでつくろう

CMSによるサイトをWeb自動巡回ソフトで取り込んでそのままサーバにアップしたらすぐさま静的なサイトができあがる。

CMSのメリットは,複数の管理者によって同時にサイトを構築していくことができるので,非常にスピーディにサイトが仕上がることだ。

デザインは,テーマシステムがあるので,多くのテーマから最適なテーマを切り替えて選ぶ。そのテーマに対して,ロゴや背景画像を変更し,スタイルシートの修正箇所だけのスタイルシートを作成して,ヘッダテンプレートからそのスタイルシートを呼ぶだけだ。もちろんテーマを最初からデザインすることも可能だ。

静的ページを作成するので,記事などのコンテンツを作成する際に気をつけるのは,idの最後にかならず.htmlを追加することだ。そして,動的サイトにありがちなURLに&や=などが含まれないよう,CMSの設定をURLリライトONにすることだ。

こうすると,必要なページはすべて静的ページ対応になる。もちろんコメント追加のリンクやトラックバック受付のモードはオフにして,静的ページにしたときも問題なくすべて動くように,CMSのコンフィギュレーションの設定には注意が必要だ。

こうしてどんどんコンテンツを流し込もう。コンテンツの作成や編集はワープロ感覚で簡単なので,運営者や開発者,発注者など,様々な立場の関係者が共同でサイトを完成していく。

デザインは平行して作業できる。テーマを選び,ロゴを決め,背景を決める。スタイルも調整する。デザイナーがサイトをデザインしてあたらしいテーマを作成することも可能だ。

こうやって最終的にサイトができあがったら,あとはWeb自動巡回ソフトを利用して,サイトを一括ダウンロードするだけだ。ローカルに拡張子htmlのファイルやファイルからリンクされているあらゆるファイルがダウロードされている。このまま新しくサーバにアップするだけで完成。

運用中も,CMSをつかった管理作業用サイトでサイトを作成していき,更新時には同様にWeb自動巡回ソフトでダウンロードしたものをそのままアップするだけ。

静的ページのメリットは,表示が速い。どんなサーバにも対応する。そしてアタックしようが無い万全なセキュリティだ。