CNETJapan ブログネットワークの今後についてお知らせ

このメール、実は放置していました。だって、タイトルみただけだと、廃止するなんて思いもよりません。

今後はTwitter機能の追加だとか、機能アップの案内だろうなくらいに思っていました。

多くのブロガーは気がついていないのではないでしょうか。たった一通のわかりにくいおしらせだけでは・・・

廃止再検討を!少なくともこの膨大なコンテンツは、そのままアーカイブ記事として参照されるべきです。コメントはすべて停止させて、管理はブロガーから編集局に移しさえすればよい。

コンテンツは、配信側だけのものではありません。このコンテンツを参照した外部コンテンツをすべてネット上のゴミクズと化すのですか。

ネットへの挑戦というか冒涜としかいえません。

昨年秋、 シーネットネットワークスジャパン株式会社は、朝日インタラクティブ株式会社に変わりました。

経営に行き詰まったネットに強い情報配信会社をネットに弱い新聞社が買ったという構図でしょうか。

それがこの有様でしょうか。

今回の決定は、親会社である朝日新聞社のネットに対する見識がそのまま反映されているようにしか見えません。

朝日新聞社として今回の対応をどう考えているのでしょうか。

Twitterでも。

今駒哲子のTwitterアカウントは@ivyjpです。

http://twitter.com/ivyjp へもどうぞ。

--------

コメント (0件)