「OSC2015 Tokyo/Fall」 セミナー参加登録 受付開始のお知らせ

おしらせ 「OSC2015 Tokyo/Fall」セミナープログラムの公開と参加登録の受付が開始されました。
http://www.ospn.jp/osc2015-fall/
ご参加を希望されるセミナーへの事前登録をお願いします。

Geeklogは、10月24日(土)13:00-13:45です。

日時: 10月24日(土)13:00-13:45
会場: 明星大学 日野キャンパス 28号館 2F(OSC受付)
   (多摩モノレール 「中央大学・明星大学駅」から大学まで直結。会場まで徒歩6分)

自治体、大学で活用。CMS Geeklogのあたらしい機能と活用方法の紹介
https://www.ospn.jp/osc2015-fall/modu...php?eid=22

講師:今駒 哲子(代表)
担当:Geeklog Japan
レベル:入門編
対象者:セキュアなCMSを探している方、WEB運営を効率化したい方、物件サイト等を新規開発したい方
前提知識:WEB

スマホやPCから画像を一括登録して自動的にサムネイル、表示画像を自動生成してアルバム作成。
コンテンツには、自動タグを記述するだけで画像、キャプション、説明が記事やページに記載。大幅にコンテンツ作成ステップが短縮されました。また、オープンデータに対応する物件検索サイト開発などで威力を発揮するdataBoxプラグインの機能およびカスタマイズ事例などをご紹介します。設計がシンプルなため、phpMyAdminによるコンテンツの流し込みなども可能。

【カテゴリ】Webアプリ/公共・自治体/オープンデータ

コンテンツの記述方法-基礎編 を公開

おしらせ Geeklog IVYWE版で公開しているフロントエンドフレームワークUIkitを活用したサイトにおけるコンテンツ記述のコツを中心にまとめました。

Geeklogは、運用が簡単なので、直接運用会社側で運用することが多いCMSですが、
技術者やデザイナーといったHTML技術者が運用しないケースが多いため、運用で気を付けないとどんどんサイト全体の統一性やデザインが崩れていきかねません。

運用で気を付けるべき点を、コンテンツの記述方法-基礎編 に、まとめましたので、ご参照ください。

コンテンツの記述方法-基礎編
https://www.ivywe.co.jp/staticpages/i...rial-basic

アドバンストエディターが使えるので一見だれでもコンテンツを作れそうですが、そこには、知らずに落とし穴にはまってしまうことは少なくありません。

ここで上げた10点について気を付けるだけで、相当デザイン性があがるはずですので、どうぞお試しください。


[IVYWEニュースレター]Geeklog 2.1.1まもなく公開。セキュアなお問い合わせフォームVer.2.1.10とMedia Galleryプラグイン

ニュースレター ====================================
IVYWE NEWSLETTER Vol.10
====================================
ニュースレターについて
------------------------------------
###free2###
###free3### ###name1### ###name2###様

いつもお世話になっております、アイビー・ウィーの今駒です。

続けてのニュースレターになりますが、きょうは、その、ニュースレターに
ついて。

日本ではメールマガジンと言われることが多いのですが、これは完全な
和製英語ですので、海外では通じません。

ニュースレター(メールマガジン)は、メールが非常にスパムが横行している
状況において、また、メールアドレスがどんどん変わって死にアカウントが
生まれている状況では、自社サーバーに設置したCMSのニュースレター配信
機能に頼るのは危険です。

メンテナンスなしで送信することで不要なメールを延々と送り続けていくと、
送信元のドメインがスパムだと判定される危険もあります。

メールアドレスが変わったとき、わざわざ登録サイトでメールアドレスを
変更してもらえるユーザーはほとんどいない、と考えてよいでしょう。

そういった状況下で便利なのがニュースレター配信サービス業者のサービスです。

推奨業者は、アスメルです。
アスメル:
https://www.jidoumail.com

到達率を上げる様々な手法を提供していること、ユーザーの属性を細かく
設定できて、絞り込みを行って送信できること、登録・解除フォームを
自社サイトと違和感なく設置できること、送信回数、送信者数を気にすることなく、
好きなだけ送信できること、送信者名にユーザーの属性データを
自由に配置できること、エラーメールを一括削除できる等々、利点は数多くあります。

送信数制限があったり、登録解除フォームのスタイルを自由に変更できない
サービスが一般的ななか、この低価格での実現はありがたいといえます。

アイビーウィーでは、ニュースレターの送信代行や、独自にご契約いただいた
場合のサポートサービスも合わせて行っておりますのでご相談ください。

通常利用のニュースレター配信代行サービスは月額1万円から提供しています。